音楽と食の祭典 敦賀音楽祭「かもめ」

その港は、かって迫害を逃れた人々が再び自由を手に入れた港。

難民や孤児たちの尊厳を守り、優しく迎えた市民がいる港。

そして昔も今も、世界に開かれた港 敦賀港。

 

2017年4月9日、金ヶ崎の桜に見守られながら、敦賀の港にふたたび「かもめ」が羽ばたきます。

昨年、最先端の音楽と上質な食を融合させ、ユニークな市民イベントとして好評をいただいた敦賀音楽祭「かもめ」。

ライブミュージックに耳を傾ける人、吹奏楽に手拍子を打つ人、DJに合わせてフロアで踊る人、演奏をバックに旧友とお酒を酌み交わす人。

それぞれの楽しみ方がある、その自由なスタイルが敦賀音楽祭「かもめ」です。

 

敦賀音楽祭 「かもめ」は世界的に活躍するミュージシャンを始め、総勢45名のアーティストを敦賀に迎えます。

また、昨年大好評だった高校吹奏楽部の参加を5校に拡大。敦賀高校、敦賀工業高校、敦賀気比高校、美方高校、そして武生商業高校の吹奏楽部が競演します。

 

敦賀音楽祭「かもめ」に欠かせないのが福井、越前、若狭の地元食材を活かした飲食ブース。

来場者の皆様には、最高の食と選りすぐりのドリンク、お酒をお愉しみいただきます。

このイベントは敦賀市民を中心にボランティアスタッフにより運営されます。

市民が協力して創りあげるイベント敦賀音楽祭「かもめ」。

金ヶ崎の桜を一望できる敦賀港の空を舞う姿を、今年もぜひご覧ください。

 

Copyright 2016 KAMOME. All Rights Reserved.